WiMAXの登場でもたらされた変化とは

スマートフォンの普及やパソコンやタブレットなど、現代社会では、ネットを利用できるツールが複数ある。

自宅に固定回線を引く事で、家庭でインターネットを楽しめる環境が一般的だった頃に比べると、現在の需要は屋外でも自分の好きな時に、好きな情報を手に入れられることが主流へと変化しているように感じる。

例えば、電車の中で新聞や雑誌を読んでいた人々を見かける数はスマートフォンなど、持ち運びができる通信機器が登場する前よりも頻度は減っているように思う。

人によってインターネットの使用用途は異なる。仕事で使う、出張先で使う、家庭で使う、様々な用途がある中で、WiMAXの登場は新たなネット環境を構築したと思う。

従来の家庭にインターネットを引くには、NTTなどと契約する必要がある。さらに、その契約では、2年縛りと呼ばれるものがある。つまり、2年以内に解約すると解約料がとられる。

ただ、WiMAXに関しては一部の契約プランをのぞいて縛りが無い。つまり、いつでもやめる事ができる。

さらに、引っ越しのおおくい環境の人は、2年縛りをわかっていても、いつ仕事上の理由でやむを得ず引っ越しを要することになっても解約料を支払わなければいけない。

その点、国内であれば引っ越しして解約なしで利用できるのがWiMAXの強み。

さらに、世の中のトレンドをキャッチした。持ち運び機器を中心に勢力を伸ばしたWIMAX機器は、家庭に備え付けの無線ルータータイプを提供することとなる。

これは、屋外でも使いたいし、でも家庭では家族みんなが使えるようにしたいという要望を形にしたサービスである。こういった刻一刻と生活スタイルは変化している。

お客様の要望が出るたびに、答えをすぐに導きだし、形にするところはWiMAXの賢い点だと思う。

固定回線に比べて、通信速度が遅いことや、通信領域が狭い事もまだ課題としてはある。

ただ、その点もauと提携してau圏内なら通信可能という、通信基地を共有してきた取り組みもさすがだと思う。

1からつくるより、成長の見込める分やと既存の分野で活躍しているものと協力は我々利用者にとっても解決の早さに感謝する次第である。

全てがそろっているように見える社会でも、まだまだお客様の潜在的なニーズに応えていない分野もあるのでWiMAXは今後もお客様のニーズに応え続け、我々にすばらしいサービスを提供し続けてほしいと願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です